要注意!〜酵素の不足が、体調不良や病気を引き起こす〜

 酵素は私たちの健康に欠かせない栄養素ですが、残念ながら現代人の多くは酵素が不足している状態です。私たちが忙しさのあまり、酵素が含まれない加工食品や冷凍食品を日常的に食べていることが原因の一つかもしれません。しかし酵素が不足すると、さまざまな体調不良や病気として現れてきます。たとえば、私たちは消化をするとき大量の消化酵素を必要としますが、酵素不足の人は消化により体内の酵素が大幅に減り、胃腸の具合が悪くなったり、肌が荒れたりします。また、食品添加物や有害物質を解毒する場合も大量の酵素を必要としますが、酵素が足りないと、有害物質が体内に蓄積されるという恐ろしいことになるのです。仮に病気になったとしても、体内の酵素が多ければ病気と戦うエネルギーになり、病気に打ち勝つ可能性が高くなります。このことから健康維持には酵素が欠かせないことがお分かりでしょう。
 ただし、酵素をたくさん取ったからといって安心していられません。暴飲暴食、喫煙や過度のアルコール飲酒、ストレスの蓄積は、せっかく取った酵素を劇的に消費してしまいます。健康のためには、酵素飲料などで意識して酵素を摂取することに加え、生活習慣を改善することが必要なのです。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る